FC2ブログ

上棟日和

2018-10-15

こんにちは!

倉敷パッシブ和モダンの家づくりをしている木絆のブログです。


白いテント、万国旗、入退場門、くっきりと引かれた白線。

運動会の準備をしている校庭を見ると思い出すことがあります。

小学1年生の頃、それはそれは髪を短く切られました。

「短くお願いします」と美容師さんに頼んだのは母なのに、

その本人が「可愛そうに」と言うくらいの髪型です。

髪を切った次の日は学校に行くのが何となく恥ずかしい……

その日は恥ずかしいなんてものではありませんでした。

教室に入るなりずっとうつむいていたと思います。

きっといつもとは違う私の様子に、担任の先生はすぐに気づいたのでしょう。

私の頭をポンっとたたいて「早く走れそうな髪型になったね」と

言ってくれたのです。「可愛くなったね」でも「よく似合ってるね」でもありません。

運動会を間近にひかえた、ある秋の日のことでした。



お天気に恵まれ、青空に見守られながら棟を上げることができました。

上棟の様子を動画で少しご紹介♪



大工さん達は図面を見ることなく黙々と作業をしているのですが、

どこにどの柱を建てるのかがどうして分かるのでしょうか??

それは、柱に番号が書いてあるのでそれを見て配置しているからです。

その番号というのは建物に向かって左から

い・ろ・は・に・ほ・へ・と……

手前から奥に

1・2・3・4・5・6・7……

と割り振ってあります。

そのため、左の手前が「い」の「1番」の柱になります。

「い」の「1番」…どこかで聞いたことありませんか?

そうです!”真っ先”を意味する「いの一番」という言葉がありますね。

この言葉の語源は建築用語に由来していると言われています。(諸説あります)

「いの一番」以外にも「几帳面」や「束の間」など、普段何気なく使っている言葉の中

には沢山の建築用語が隠れています。興味のある方はぜひ調べてみてください!

建築の歴史や職人の厳しい世界を垣間見ることができるかもしれません。


話が少し脱線してしまいましたが、

柱が建つと、次は柱の上部を”梁”という横向きの材料でつないでいきます。



柱上部の突起と梁下の”ほぞ穴”を入れ込んでいく作業です。

1階部分だけだと1時間半ほどでここまでの作業が完了します。

これから木造で家を建てられる方はぜひ最初の1時間だけでも見学してみてくださいね。

我が家がどんどん形になっていく様子に興奮しない方はいません!!



お問い合わせ

㈱木絆 倉敷市上富井544-5

TEL 086-435-2876

Mail info@kidzuna.com




カテゴリ :建築中の記事 トラックバック:(-) コメント:(0)
tag :

棟が上がる

2018-07-30

こんにちは!

倉敷パッシブ和モダンの家づくりをしている木絆のブログです。


自然の脅威をまざまざと感じた今夏。

台風のニュースもいつも以上に気にして丁寧に確認しています。

昨日までの”日常”をあっという間に奪っていく、壊していく。

その悲しみを怒りを恐怖を虚しさをぶつけるところはどこにもありません。

人間ってこんなにちっぽけで無力な存在だったのか…

しかしその一方で、”人のあたたかさ” ”力を合わせる大切さ”

人間だからできる、人間にしかできないことだって確かにあります。

一歩一歩、1日1日。光のある方へ進んでいきたいですね。


さて、先日は三年越しで家づくりをされているご家族の上棟式でした。

お子さんが3人いることもあり、とにかくにぎや(*≧∪≦)

棟梁の粋な計らいで、お兄ちゃんはお父さんと一緒に大工体験。

柱に釘をうちつけました。なかなか思うようにできないお兄ちゃんを

お父さんがフォローします。お父さんの力強い釘打ちをお手本に頑張りました!

妹ちゃんはスタッフの娘ちゃんと同い年ということもありすっかり仲良しに。

おしゃべりしたり、ブランコに乗ったり2人の笑い声はたえません♪

1532872039272.jpg


1532872036502.jpg


朝から始まった上棟式もいよいよクライマックス!!

棟が上がったことを感謝し、無事に完成することを祈願します。

1532872042512.jpg

式が終わった後の掃除には末っ子くんも自主的に参加してくれました。

やんちゃながらもお兄ちゃんお姉ちゃんの背中をしっかり見てますね。

家が完成する頃にはひと回り成長した子供達の姿がきっとあることでしょう。


お問い合わせ

㈱木絆 倉敷市上富井544-5

TEL 086-435-2876

Mail info@kidzuna.com



カテゴリ :建築中の記事 トラックバック:(-) コメント:(0)
tag :

晴天なり

2018-06-03

こんにちは(^∇^)ノ

倉敷パッシブ和モダンの家づくりをしている木絆のブログです。


あっという間に6月、上半期最後の月になりました。

だんだんと雨の日も増えますね。

雨の日は何となく気分がふさぎがちです。でも、無理に気持ちを奮い起こさず

雨の音にそっと気持ちをゆだねてもいいのかな…と思います。


さてさて、ここは晴れの国おかやま!!


1527992521039.jpg


風が心地よい倉敷市真備町の現場です。

澄みきった青空に見守られて和瓦を葺いています。

瓦工事も大詰め!

間もなく和モダンな外観がお目見えします。


お問い合わせは

㈱木絆 倉敷市上富井544-5

TEL 086-435-2876

Mail info@kidzuna.com


カテゴリ :建築中の記事 トラックバック:(-) コメント:(0)
tag :

棟梁の腕前

2018-05-27

こんにちは!

倉敷パッシブ和モダンの家づくりをしている木絆のブログです。



ある日、現場でお施主様がぽつりとつぶやきました。

「うちの子、まだ背が低いから洗面所とか手が届かないんですよね…」


それを聞き逃さなかったのが子供好きで有名な棟梁。

ささっとものの15分程で出来上がったのがこちら!!

8373A13F-943E-4471-BBF0-9ADB1A9A917D.jpg


ボク専用の踏み台でこのポーズ♪(/・ω・)/ ♪

もちろん大人も使えます。

出しっぱなしにしていても木の家にすっと馴染みますね。


そしてそして、お施主様が

「こんな感じのテレビ台って作れますか?」

とメモを差し出して

IMG_4341.jpg


出来上がったのがこちら!!

B5AD21CB-3504-4A24-BCBF-B7EDEE38B32B.jpeg


自分のイメージが形になるって嬉しいですね。

木絆の家づくりは「現場」が楽しいです♪


お問い合わせは

㈱木絆 倉敷市上富井544-5

TEL 086-435-2876

Mail info@kidzuna.com

カテゴリ :建築中の記事 トラックバック:(-) コメント:(0)
tag :

茶屋町モデル 建築スタート

2017-08-21
倉敷で木の家づくりをしている木絆のblogです。

11/25オープン予定の
くらしきセレクト14住宅博。
各社工事がスタートしております。

木絆は8/18に上棟し、これからいよいよ
3ヶ月にわたって様々な工事が行われていきます。

jyoutou.jpg

今回のテーマは
「パッシブ和モダンな家づくり」

モデルハウスまちやとは一味違う
趣向でチャレンジしています。

今回のように一斉に14社がスタートする現場は
初めてなので
いりいろ気になりつつ・・・
しっかり準備をしなければと
気を引き締めております。

また随時ご報告したいと思います。


 
カテゴリ :建築中の記事 トラックバック:(-) コメント:(0)
tag :

始まります。

2017-05-09
倉敷で和モダンの家づくりをしている
木絆ブログです。

基礎工事が始まりました。
神社さんから預かっていた
『鎮め物』を建物の中央に配置。
今回は敷地に井戸の跡もあったため、
そちらにも同様に。

配筋検査も完了。
次はコンクリートの打ち込みになります。
その前に⬇︎
社長は入念に周りを掃き掃除。

現場管理の基本。本日も入念に。
カテゴリ :建築中の記事 トラックバック:(-) コメント:(1)
tag :

内装材の候補決めに悩み中

2016-11-01

日に日に寒さが増し、木々も色づいて来ました。

さわやかな秋晴れの日は、紅葉を見に

お出かけしたいですね。


先月 上棟をされたお客様向けの

内装材を提案させていただくにあたり、

ただいま候補を思案中です。


こちらは、和室の建具(ふすま)に張る、

和紙のサンプルです。

画像では分かりにくいのですが、

糸で織ったものや、揉みシワや絵柄が入ったものもあります。

  ↓


和紙サンプル帳



壁には、珪藻土タイプのクロスをご提案。

調湿・消臭効果に優れています。

  ↓


クロスカタログ2



LDKがあっさりめなので、和室に

アクセントをつけるのも良いです。

下のような和紙テイストのクロスは

色が豊富です。

和モダンでぐっと個性的に。

 ↓


クロスカタログ3

     (カタログ出展:sangetsu)


色々見ているうちに、目移りします...

秋の夜長に、あれこれ考えにふけるのも

乙なものですね (*´v`)



ちなみにリビングの床は 無垢材 です。

これからの季節、ナチュラルな木の温もりに

安らぎを感じるステキなお宅になるでしょう。


完成は来年1月予定です。

またご案内いたします♪♪



無垢を使った和モダンの家づくり、

木絆のブログ

今回担当は スタッフ塩路 でした。


カテゴリ :建築中の記事 トラックバック:(-) コメント:(0)
tag :

地鎮祭と上棟式レポ

2016-10-19
倉敷で「木の家づくり」をしている木絆のblogです。

今年の夏~秋にかけて地鎮祭上棟式をされたお施主様の
様子をご紹介。

地鎮祭は今回「出雲屋敷」地鎮祭。
家相の凶相、鬼門・方位の災い、金神の祟り等から免れることができるとして
お施主様が選ばれました。
地鎮祭そのものは一般的なものとほぼ変わりませんでしたが
下の写真のようなお守りを頂くことができます。

↓こちらは土地の5箇所に鎮めて敷地全体を守ります。

14141558_929671077159333_8904823018206469729_n.jpg

↓右側のお札は、建物の柱に貼って
家全体を守ります。
 14141932_929671087159332_6412475668861255331_n.jpg

さらに、神棚に飾る白木のお社も頂きました。
二重、三重の備えでしっかりと守られることになりますね。

お施主様にはいつも地鎮祭の場合、
神前ですのでやや改まった服装をお願いしています。
(夏場は暑いのでやや軽装でかまいません。)

所要時間は20~30分程度です。
終わった後は、記念に家族で”鍬入れの儀”。
↓力強く砂に鍬を入れてくれました♪

3.jpg

地鎮祭は、神社さんへのお礼(玉串料または初穂料)を
ご準備頂くだけでOKです。
あとは身一つ?で現地にお越しください。

続いて上棟式ですが、
「上棟」というのは、柱から屋根までいっきに
組み立てる日(作業)のことを言います。

「上棟式」は、その日の夕方に無事に屋根(棟)
まで完成できたことを感謝する”式”を指します。

朝こんな状況↓だったわけですが
14572890_959895247470249_3060361213418584233_n.jpg

夕方には↓家の形がしっかりわかるまでに。
5.jpg 

上棟の日は、平日に行うことが多いため
お仕事をお休みしたり、途中で抜けて見学されることも
しばしば。

大工の仕事ぶりと家ができていく様子を見るのは
圧巻です。
この日はお施主様にとって思い出深い一日となることでしょう。

これからも順調に工事が進みますように。


木の家和モダン住宅木絆
お問い合わせは↓
MAIL:info@kidzuna.com

 
カテゴリ :建築中の記事 トラックバック:(-) コメント:(0)
tag :

日陰をつくる深いひさし

2016-07-11
今年の暑さはまた格別です ( ̄д ̄;)
皆様いかがお過ごしでしょうか。

7月10日(日)は、まちやにおいての収納講座
および 和Cafe に多数ご参加いただき、
有り難うございました。

さて、6月下旬に上棟されたお宅では、現在
大工工事が進行中。
写真から、木の良い香りが漂ってきそうです。。。

IMG_2163.jpg

北向立地のハンデを克服すべく、高い位置の窓や、
天窓を作ります。十分な採光が期待できます♪

IMG_2191.jpg


また、玄関側は深い庇(ひさし)をつくり、和モダンな
つくりにしています。
夏の暑い日差しを遮り、雨が降る日でも窓を開けて
いられます。

IMG_2170.jpg

格子状に並んだ木組みがとても美しいです。


もうすぐ夏休み、お子様たちもどこかソワソワして
いませんか?

無垢の木を使った家づくり、
木絆のブログでした。
カテゴリ :建築中の記事 トラックバック:(-) コメント:(0)
tag :

着々と進んでいます!

2016-06-07
こんにちは(^∇^)ノ
木絆ブログです。
とうとう梅雨入りしましたね。しばらく湿気との戦いです(*`ω´*)


さて、今回も何やら作業風景の写真から始まりました。
1465260897376.jpg

1465260902176.jpg

前回に引き続き完成見学会をさせていただくお家です♪
大きな石がゴロゴロ……
こちらは庭から玄関へのアプローチ部分へ続く「踏み石」になります。
出来上がると数センチの厚みしか見えませんが、
実はこんなに大きな石が埋められているのです!!

1465260928953.jpg

1465260948339.jpg

とても重いので「やぐら」を組んで持ち上げます。
石のどの部分を見せて埋めるか、センスが問われるところ。。。

「踏み石」なのでいつもは何気なく踏んでしまいますが、
これも職人さんの技術と努力で形になっていくのです。











カテゴリ :建築中の記事 トラックバック:(-) コメント:(0)
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>