FC2ブログ

楽しい建築用語

2018-10-23

こんにちは!

倉敷パッシブ和モダンの家づくりをしている木絆のブログです。


お鍋の美味しい季節になりました。

みなさんはどんなお鍋が好きですか?

子供の頃、そんなに好きではなかった水炊きを今では週一で

食べたくなります。

水炊きといえば何をつけて食べますか?

ポン酢?ごまだれ?

私は焼肉のタレに柚子をしぼって食べます。

この食べ方をする人に未だかつて出会ったことがありません(笑)

美味しいからオススメだよと言っても家族すら嫌な顔をします(笑)

子供はポン酢やごまだれより喜ぶのではないかなぁと思うのですが…。

勇気のある方はこの冬、ぜひ試してみてくださいね!




1540246720762.jpg


こちらの金具、見たことあるでしょうか??

「かすがい」といい、漢字で書くと「鎹」です。

大きなホッチキスの針のような形をしていて、土台と柱・柱と梁を留めるためのものです。

弊社では現在、梁と屋根を支える小屋束という垂直木材を留める程度でほとんど

使っていません。


1540246716574a.jpg

↑↑この部分に「かすがい」を使用しています。


その代わりに使用しているのが、このようなビス留めタイプの金具です。


1540246723148.jpg



今回のブログでも建築用語についてお話しようと思いますが・・・

「かすがい」と聞いてピンッときた方もいらっしゃるでしょう(^-^)/

そうです!この「かすがい」に由来するのが「子はかすがい」ということわざです。


【意味】

子供というものは、夫婦の絆をしっかりとつなぎとめてくれる存在である


子供を材木と材木をしっかりとつなぎとめる「かすがい」に例えたのですね。

私は「子はかすがい」は何となく「子供はかけがえのない存在だ」という意味だと

思っていました。間違ってはいませんが、「かすがい」が何かということがきちんと

分かると、その言葉の背景まで見えてきて理解が深まりました。


ちなみに「豆腐にかすがい」ということわざもあります。


【意味】

いくら意見などをしても、手ごたえがなくいっこうに効き目がないこと


このことわざは「上方いろはかるた」の「と」に書いてあります。

「上方いろはかるた」は江戸時代にできたそうなので「かすがい」は江戸時代の

建築物には使われていたのだと思われます。


建築用語を少し調べてみると、家づくりをまた違った視点で見ることができる

かもしれませんね。


お問い合わせ

㈱木絆 倉敷市上富井544-5

TEL 086-435-2876

Mail info@kidzuna.com









カテゴリ :これから家を建てる方 トラックバック:(-) コメント:(0)
tag :

上棟日和

2018-10-15

こんにちは!

倉敷パッシブ和モダンの家づくりをしている木絆のブログです。


白いテント、万国旗、入退場門、くっきりと引かれた白線。

運動会の準備をしている校庭を見ると思い出すことがあります。

小学1年生の頃、それはそれは髪を短く切られました。

「短くお願いします」と美容師さんに頼んだのは母なのに、

その本人が「可愛そうに」と言うくらいの髪型です。

髪を切った次の日は学校に行くのが何となく恥ずかしい……

その日は恥ずかしいなんてものではありませんでした。

教室に入るなりずっとうつむいていたと思います。

きっといつもとは違う私の様子に、担任の先生はすぐに気づいたのでしょう。

私の頭をポンっとたたいて「早く走れそうな髪型になったね」と

言ってくれたのです。「可愛くなったね」でも「よく似合ってるね」でもありません。

運動会を間近にひかえた、ある秋の日のことでした。



お天気に恵まれ、青空に見守られながら棟を上げることができました。

上棟の様子を動画で少しご紹介♪



大工さん達は図面を見ることなく黙々と作業をしているのですが、

どこにどの柱を建てるのかがどうして分かるのでしょうか??

それは、柱に番号が書いてあるのでそれを見て配置しているからです。

その番号というのは建物に向かって左から

い・ろ・は・に・ほ・へ・と……

手前から奥に

1・2・3・4・5・6・7……

と割り振ってあります。

そのため、左の手前が「い」の「1番」の柱になります。

「い」の「1番」…どこかで聞いたことありませんか?

そうです!”真っ先”を意味する「いの一番」という言葉がありますね。

この言葉の語源は建築用語に由来していると言われています。(諸説あります)

「いの一番」以外にも「几帳面」や「束の間」など、普段何気なく使っている言葉の中

には沢山の建築用語が隠れています。興味のある方はぜひ調べてみてください!

建築の歴史や職人の厳しい世界を垣間見ることができるかもしれません。


話が少し脱線してしまいましたが、

柱が建つと、次は柱の上部を”梁”という横向きの材料でつないでいきます。



柱上部の突起と梁下の”ほぞ穴”を入れ込んでいく作業です。

1階部分だけだと1時間半ほどでここまでの作業が完了します。

これから木造で家を建てられる方はぜひ最初の1時間だけでも見学してみてくださいね。

我が家がどんどん形になっていく様子に興奮しない方はいません!!



お問い合わせ

㈱木絆 倉敷市上富井544-5

TEL 086-435-2876

Mail info@kidzuna.com




カテゴリ :建築中の記事 トラックバック:(-) コメント:(0)
tag :

木絆の断熱性能

2018-10-02

こんにちは!

倉敷パッシブ和モダンの家づくりをしている木絆のブログです。


日本には美しい四季があります。

1年を通して気温差があるからこそ生まれる様々な表情を私達は愛し、

その中で生きてきました。しかし、その気温差は耐え難いこともあり

人工物の力を借りなければならないことが増えてきました。

それは決して悪いことではありませんが、できれば自然にも私達自身にも

やさしい暮らしをすることができたら……

木絆はそんな住まいを目指しています。


弊社がつくる家は夏も冬も室内の温度差が少ない住まいです。

夏や冬は冷暖房を利用しますが、大きな吹き抜けがあっても上下階の

温度差は2-3度にとどまります。   


昨年建築したモデルハウス里家を例に挙げると、35坪の住まいを14帖用エアコン

1台で冷暖房してきました。

夏ならエアコン1台で1階LDKが28度のとき、吹き抜けを介して

1-2階全体が同じような室温になっていくため2階の個室は30度程度です。

また、冬は1階が22度のとき2階は20度程度です。


satoya03.png


satoya04.png




詳しくはコチラをご覧ください。


全棟長期優良住宅を取得していますので、2020年から義務化される

断熱性能等級4」「一次エネルギー消費等級4」の基準もクリアしています。



もうすぐまた寒い季節がやってきます。

ぜひ木絆のモデルハウス里家で温度差のない快適な住まいをご体感ください。


お問い合わせ

㈱木絆 倉敷市上富井544-5

TEL 086-435-2876

Mail info@kidzuna.com



カテゴリ :木絆の家標準仕様 トラックバック:(-) コメント:(0)
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >>