濡れ縁とウッドデッキ~その2~

2018-06-11

こんにちは!

倉敷パッシブ和モダンの家づくりをしている木絆のブログです。


前回は「濡れ縁」と「ウッドデッキ」の施工方法と材料の違いについて

ご紹介しました。

では、どうしてこのような違いがあるのでしょう?


「濡れ縁」も「ウッドデッキ」も部屋から裸足で出て行けるイメージがありませんか?

でも、実はウッドデッキはもともと欧米で使われていたものなので

基本的に「土足」仕様なのです。したがって、材料に硬い木を使うのは当然で仕上がりに

ビス頭が見えていても気になりません。

それに対し濡れ縁は縁側の上に座ってのんびり過ごす、つまり素手や素足で触れるので

材料はつるつるした手触りのよいヒノキを使い、仕上がりもビス頭が表面に出ないように

しています。

施工方法と材料の違いは「濡れ縁」と「ウッドデッキ」の性質によるものだったのです。


改めて濡れ縁とウッドデッキの完成したものを見てみましょう。

↓↓こちらは「濡れ縁」です。

木と木の間に隙間をあけて通気性をよくしているのが分かります。

これも縁側そのものに触れて使うからですね。

1528436989063.jpg


そして↓↓こちらが「ウッドデッキ」です。

板を隙間なく張っているので、部屋のフローリングを延長したような雰囲気です。

隙間がないのでテーブルや椅子を置くこともでき、デッキの上で過ごすのに適していますね。

1528436981981.jpg


「濡れ縁」と「ウッドデッキ」似ているようで実はこんな違いがあったのです!

今まで何となく見ていたデッキも知識を持って見てみると興味深いですね。



お問い合わせ

㈱木絆 倉敷市上富井544-5

TEL 086-435-2876

Mail info@kidzuna.com

カテゴリ :これから家を建てる方 トラックバック:(-) コメント:(0)
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
<< topページへこのページの先頭へ >>