FC2ブログ

木絆の地鎮祭

2018-09-16

こんにちは!

倉敷パッシブ和モダンの家づくりをしている木絆のブログです。


「やっと秋がやってきた!」と思ったら今日は夏が戻ってきたような暑さです。

行楽のシーズンが待ち遠しいものですね。

行楽のシーズンと言えば・・・・・・お弁当!

みなさんは「お弁当」にはどんな思い出がありますか?

私が幼い頃のお弁当の定番は”ミートボール”でした。

でも、私のお弁当箱に入っているミートボールはみなさんよくご存知の

一口サイズのものではありません。なぜなら母お手製のミートボールだったからです。

子供の頃は友達のお弁当箱に入っている、可愛くて小さなミートボールが羨ましかった!

「どうして私のはみんなのと違うの?」と思っていましたが、その謎は成長するとともに

解けていき母の愛情を知りました。いまだにそのミートボールは食卓に出てきますが、

私も弟もそのミートボールは出来立てより冷めた方が好きです。

それは、幼い頃のお弁当の記憶があるからではないかと思っています。


今日は家づくりの儀式の1つである「地鎮祭」についてお話しします。

言葉として聞いたことがある人は多いと思いますし、内容も何となくは分かる!

という人もいらっしゃると思います。

ではでは、弊社の地鎮祭とはどんなことをするのでしょうか???


まず「地鎮祭」の辞書的意味をおさえましょう!!

地鎮祭とは土木・建築などで、基礎工事に着手する前、その土地の神を祀って

工事の無事を祈願する祭儀のこと。土祭、地祝、地祭。(広辞苑より)


つまり、その土地の神様に家を建てることを許していただき無事に家が完成することを

祈願します。この辞書的意味に加え、その地での家・家族の繁栄も願う場合が多いです。


それでは、弊社の地鎮祭の様子をご紹介します(^-^)/


社長が前日に実家の真備町から笹竹を切って持ってきます。

工事の無事を心から祈り、お施主様のことを想いながら選んだ笹竹は

しめ縄を張り巡らす支柱になります。


1537045860703.jpg


当日の式は神主さんがテンポよく進めてくれ、20分程で終わります。

きっちりとはしていますが、決して堅苦しい雰囲気ではないので

お子様も一緒に参加される場合が多いです。


1537045856564.jpg


式の模様はスタッフが撮影をしデータをお渡ししています。

また、最近ではムービー形式で撮らせていただくこともあります。

家族の大切な思い出づくりを少しだけお手伝いさせていただいています♪


式の最後には、ご近所さんへ弊社スタッフと一緒に挨拶廻りに行きます。

その地で生活をされている方々にあたたかく迎えていただくために、

最初のご挨拶は大切ですね!


地鎮祭は家づくりの大切な第一歩です。

お施主様には事前に準備物をお願いし、当日は「鍬入れの儀」や「玉串奉奠」

など実際にご参加いただきます。”夢のマイホーム”から”我が家”へと

ご家族の気持ちが変化していく、その一歩でもあるのではないでしょうか。


お問い合わせ

㈱木絆 倉敷市上富井544-5

TEL 086-435-2876

Mail info@kidzuna.com







カテゴリ :これから家を建てる方 トラックバック:(-) コメント:(0)
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
<< topページへこのページの先頭へ >>