FC2ブログ

◆”里家”ってこんな家①◆

2019-05-26

こんにちは!

倉敷パッシブ和モダンの家づくりをしている㈱木絆のブログです。


残暑をさけて5月に運動会を行う学校が増えてきたというのに、

今年はなんて暑いのでしょう!!

こんな時こそ外の気温に左右されず快適に過ごしたいものですね。


モデルハウス里家の”家”そのものの性能についてはコチラ

ご覧ください。


今回はモデルハウス里家の1階

リビング・ダイニング・キッチンをご紹介します。


s006.jpg


玄関で靴を脱いで、そっと足をおろすと松の床材が優しく迎えてくれます。

足に触れる木の感触は心地よくどこか懐かしさを覚えます。


吹き抜けになっているリビングは開放的なのにほっこり落ち着く…

それは、どこにいても家族の声・音・気配を感じられるから。

1階と2階が程よくつながっているところがいいですね。


ss-171122_50.jpg


庭に面した窓は大きく、光と風をたっぷり取り込みます。

新鮮な空気と朝日を身体いっぱいに浴びて元気に1日を

始められそうです。


s004.jpg


キッチンは存在感を出し過ぎず、部屋にすっと収まっています。

作り付けの作業台の下は収納になっているので、大きな食器棚は

必要なさそうです。配膳や後片づけが、コンパクトな導線で

できるのも家事を担う者にとっては嬉しいポイント!


s171122_57.jpg


お客様が来る時には作業台の上をちょっとおめかし。

お気に入りの食器や季節の花を飾ると会話もはずみます。


s-171122_25.jpg


ダイニングの窓際と


s171122_20-垂直修正


リビングの背面にはスタディブースがあります。

少し集中して作業をしたい時、大切な書類を書く時など

リビングやダイニングテーブルを片付けることなく

思いついた時にここでさっと取り掛かれます。

パソコンやミシンを置いたままにしておいても違和感のない

空間です。


今回ご紹介したリビング・ダイニング・キッチンは

”家”の中枢になる部分です。

自然と家族が集まる場所であってほしい…

家族みんなにとって居心地の良い場所であってほしい…

そんな想いが込められた場所です。

置かれる家具で住む人の生活スタイルでまだまだ

変化するゆとりも持っていると思います。


次回の「”里家”ってこんな家」もぜひご覧くださいね♪



お問い合わせ

㈱木絆 倉敷市上富井544-5

TEL 086-435-2876

Mail info@kidzuna.com

カテゴリ :お知らせ トラックバック:(-) コメント:(0)
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
<< topページへこのページの先頭へ >>